手に職をつけるのにおすすめの仕事4選【手に職をつけたい人へ】




Pocket

最終更新日 2022年8月12日

みなさんは、以下のような悩みを抱えていませんか?

  • 手に職をつけるならどんな仕事がいいんだろう。
  • 将来のことを考えて、今のうちから手に職をつけたほうがいいのか。
  • 手に職をつけるのにおすすめの職業って何だろう。

現代では手に職をつけている人の需要が昔と比べて高まっています。

昔は言われたことを日々こなしているだけでそれなりに安定した職につけましたが、これからの時代ではそうはいきません。

テクノロジーの進歩によって社会や仕事がどんどん変化していくことで、より専門的な知識や技術が求められるようになっていきます。

将来のことを考えている人の中には、何かしらの専門的な知識や技術を身につけ、手に職をつけようと思っている人も多いでしょう。

ですが、何かひとつのジャンルのプロになるには1万時間必要と言われているように、何かの分野の専門家になるためにはそれなりに努力と時間が必要です。

しかし専門家までなれなくても、手に職をつけて活躍できる分野の仕事はたくさんあります。

実際、どの仕事が安定につながるかを予測することは不可能であり、逆に言えばどんな仕事でも可能性があると言えるでしょう。

そのためここでは、将来の仕事の「需要」の観点から手に職をつけるのにおすすめの仕事を紹介しています。

今回の記事で解説するのは、以下の2点です。

今回の記事でわかること
  • 手に職をつけなければならない理由。
  • 手に職をつけるのにおすすめの仕事4選。

何かしらの専門的な知識や技術を持っている人は、何もない人より将来の仕事の不安は少なくなります。

手に職をつけているだけで、「仕事がなくなる」と言われる将来の不安を軽減できるのです。

手に職をつけたいと思っている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

手に職をつけたい人へ

数年前に話題になった「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略」という本では、現代人は70代や80代でも働くのが当たり前になると書かれています。

現代は人生100年時代に突入し、誰もが100年生きるつもりで生き方を考えていかなければなりません。

そうした時代の中では、若者だけに限らず30代や40代の人も何かを新しく学びはじめ、さまざまな分野の仕事をしながら生きていくことになります。

つまり、これから先の時代では誰もが手に職をつけ、食べていけるだけの技術と知識を身につけることが求められているのです。

 

ジェネラリストよりもスペシャリストを目指そう

現代はジェネラリストよりもスペシャリストが求められる時代です。

ジェネラリストとは「広範囲に渡る知識を持っている人」のことであり、スペシャリストは「一つの分野で専門的な知識を持っている人」のことを言います。

ジェネラリストの知識は「広く浅く」となっていますが、スペシャリストの知識は「狭く深く」です。

これから先の時代では簡単な仕事はテクノロジーに置き換えられるため、ジェネラリスト的な人材では需要がなくなっていきます。

人生が100年続くことを考えると、なるべく早いうちから手に職をつけ、何かしらの専門的な知識と技術を身につける必要があるでしょう。

ポイント
  • テクノロジーが進歩する時代では、ジェネラリスト的な技術は置き換えられる。
  • テクノロジーによって仕事を奪われないために、誰もが手に職をつける必要がある。

最近は「100万人に1人の存在になれ」と言われたりしますが、目指し方はいたってシンプルです。

まず1つの分野で1万時間を費やし100人に1人の存在になる。そしてそれを3つの分野で達成する。

そうすれば、100分の1×100分の1×100分の1で100万人に1人の存在になれるというものです。

100万人に1人の存在になる方法
  1. 1つの分野に1万時間費やして100人に1人の存在になる。
  2. ほかの分野で同じく1万時間を費やして100人に1人の存在になる。
  3. 「100分の1×100分の1×100分の1」で100万人に1人の存在になれる。

ですが、実際に3つの分野で1万時間を費やすのは現実的ではありません。

それにわざわざ1万時間費さなくても、それなりに高いスキルや深い知識を身につけ、手に職をつけることは十分可能です。

現代ではインターネットにより、知識やスキルを手に入れるハードルはかなり低くなっています。

手に職をつけるのに大事なのは「時代に合った学び方」をすることです。

 

手に職は「専門職+創造性」が大事

手に職をつけたいと思ったときは、「専門職+創造性」が鍵になることを覚えておきましょう。

専門職+創造性というのは、特定の分野で専門的な知識を身につけるだけでなく、創造性を生かしてステップアップすることができる職業のことです。

たとえばプログラマーやエンジニアは技術職の分野でいう専門職ですが、プログラマーは自らの創造性を生かして独自のサービスやアプリなどをつくることができます。

これからは時代がスペシャリストを求めていることに気づき、あらゆる分野で手に職をつけようとする人が増えていくでしょう。

そうした中で有利に立つには、専門的な知識と創造性を融合させなければなりません。

調べればわかるような知識やスキルに意味はありません。言うまでもなく、調べれば誰でも手に入れることができるからです。

ですが、専門的な知識と自分の創造性を融合させることで、自分だけの仕事をすることができます。

これから先の時代に求められるのは、そうした能力です。

ポイント

手に職をつけるだけでなく、身につけた知識と技術を創造性と融合する必要がある。

専門的な知識は時間をかければ誰でも手に入れられます。

それに対して、創造性は紛れもなく自分だけの唯一無二のものです。

本当に手に職をつけたいと思うのであれば、専門的な知識と技術のその先まで考える必要がありますね。



手に職をつけるのにおすすめの仕事4選

ここまではジェネラリストよりもスペシャリスト、そして専門職+創造性が大事だと解説してきました。

ではそれを踏まえた上で、手に職をつけたいと思ったとき、どういう仕事を選べばいいのでしょうか?

結論から言うと「自分の好きなことをすればいい」が答えですが、それではさすがに漠然としすぎていますよね。

そこでここからは、手に職をつけるのにおすすめの仕事を4つ紹介していきます。

手に職をつけるのにおすすめの仕事
  • WEBライター
  • パーソナルトレーナー
  • WEBデザイナー
  • プログラマー・エンジニア

これらの仕事はすべて創造性も生かせる仕事であり、知識と技術を身につけるのには1万時間も必要ありません。

もちろん、それなりに食べていこうと思うのであれば最低限の努力は必要ですが、比較的誰でも狙いやすい今後拡大する見込みの仕事となっています。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

WEBライター

手に職をつけるのにおすすめの仕事の1つ目は、WEBライターです。

一見、WEBライターでは手に職はつかないと見えますが、実際には高度なスキルが求められる仕事でもあります。

私はフリーランスWEBライターとして活動していますが、今のライター業界では専門的なスキルがかなり重宝されています。

というのも、ライターは文章を書くのが仕事ですが、WEBライターの場合はただ書けばいいというものではありません。

ネット記事の場合は紙の本とは想定読者が異なり、文章の読まれ方にも違いがあります。

そのためWEBライターには文字の大きさや装飾、デザインなどを加味した上での文章力が求められるのです。

さらに、Google検索で上位表示を狙うためにはSEOの知識も必須であり、ユーザーが読みやすく、かつGoogleのアルゴリズムに好まれるように記事を書かなければなりません。

WEBライターに求められるスキル
  • ネット記事に特化した文章力。
  • 必要最低限のSEOの知識。
  • 各ジャンルに精通した専門的な知識。

最近は在宅ワークとしてWEBライターが注目されていますが、軽い気持ちで参入しているライターの多くはほとんど稼げずに退場しています。

WEBライターは専門的なスキルが求められる仕事なのです。

また、WEBライターとしてのスキルを身につけると、自分でブログを書いたりメディアを運営したりなどもできます。

つまり、知識と技術を創造性で拡張することができるということです。

WEBライターは基本的に文字単価で報酬が決まるシステムなので、理論上は書けば書く分だけ収入も増えます。

ですが、仕事量で稼ぎが決まるシステムだと収入の上限が低いです。

一方、ブログやメディア運営は収入が青天井に延びる可能性を秘めています。

もちろん、こまでいくにはかなりの努力と時間が必要ですが、「手に職をつける」という観点からもWEBライターは十分可能性に溢れた仕事です。

手に職をつけたい人は、候補のひとつにWEBライターを加えておくのも悪くはないでしょう。

 

パーソナルトレーナー

手に職をつけるのにおすすめの仕事の2つ目は、パーソナルトレーナーです。

実際、「パーソナルトレーナー」と聞くと多くの人は「なるのが難しそう」と思うでしょう。

ですが、実はパーソナルトレーナーとして活動するためには、必ずしも資格が必要なわけではありません。

たとえばライザップなどのパーソナルジムに勤めたいと思っているのであれば、NESTAJATINSCAなどの資格が求められることが多いです。

しかし、フリーのパーソナルトレーナーであれば、自分で「パーソナルトレーナーやってます!」と言えば、明日からでもパーソナルトレーナーになることができます。

ポイント

パーソナルトレーナーは資格がなくてもなることができる。

もちろんフリーだとしても、上述した資格を持っていたほうが信頼されやすいですし、仕事も獲得しやすいのは間違いありません。

ですが、資格がなくても自分や周りの人たちで効果のあった筋トレやダイエット法などがあれば、教えてもらいたいと思う人もいるでしょう。

僕の知り合いにもパーソナルジムのトレーナーから独立し、現在フリーのパーソナルトレーナーになっている人がいます。

彼は専門的な資格を持っていませんが、自分の体をSNSでうまくブランディングし、フリーとしても顧客を何人も抱えているそうです。

特にこれからの時代では「健康的な体」がお金よりも大切な資産になります。

世代ごとの健康意識も年々高まり、若い人たちの間でも筋トレや運動ブームが起きつつある。

つまり、パーソナルトレーナーは将来の需要の面から考えても、それなりに安定した仕事だと言えます。

  • 運動が好きな人。
  • 筋トレで体を鍛えるのが好きな人。
  • 自分だけが知っている効果的なダイエット法がある人。

そうした人は、フリーのパーソナルトレーナーも選択肢のひとつとして考えておくのもいいでしょう。

現代はSNSがあるので、自分の知識をマネタイズするハードルも低くなっています。

今まで趣味だったものでも、視野を広げれば手に職をつけることができるのです。

 

WEBデザイナー

手に職をつけるのにおすすめの仕事の3つ目は、WEBデザイナーです。

1つ目にWEBライターをおすすめとして薦めましたが、ライターではなくデザイナーも手に職をつけたい人にはおすすめだと言えます。

WEBデザイナーは、主に企業のサイトやメディアのデザインをコーティングする仕事です

働き方としても会社員とフリーランスのどちらも狙え、スキルが高ければ高いほどフリーで活躍できる機会も増えていきます。

よくWEBデザイナーとプログラマーを同じものと思っている人がいますが、デザイナーはプログラマーほど専門的ではありません。

使用言語もプログラマーはPythonやC言語を覚える必要がありますが、WEBデザイナーはHTML/CSS、JavaScriptIllustratorPhotoshopなどを使用します。

これらはプログラミング言語よりも習得のハードルが低く、誰でも勉強すればすぐに扱えるようになるものです。

プログラマーとWEBデザイナーの違い
  • プログラマーはプログラミング言語でアプリやサイトの設計コードを書く。
  • デザイナーはサイト装飾などのコーティングをしたり、ソフトを使ってデザインをおこなう。

最近WEBデザイナーの需要は増加傾向にあり、より魅力的なデザインが作れる人はSNSからも仕事を獲得できます。

デザインは基本をしっかりと身につけた上で、独自の感覚とセンスを活かすのが大事です。

つまり、デザイナーは創造性とも親和性が高いと言えます。

また、最近はWEBデザインを学ぶハードルも低く、本気で学ぼうと思えば半年でそれなりのスキルを身につけることも可能です

知り合いはまったくの未経験からWEBデザインを学び、半年で転職に成功しています。

またWEBデザイナーとして手に職をつけたい場合は、独学よりもスクールを受講するのが圧倒的におすすめです。

独学だと無駄に時間がかかり、わからないことがあればすぐ挫折してしまうでしょう。

本気でWEB専門デザイナーになろうと思うならスクール一択です・

ちなみに、おすすめのスクールとしては「6ヶ月で未経験から動画クリエイターになる!【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】」がいいでしょう。

デジタルハリウッドは、デジタル教育事業を展開するデジタルハリウッドスタジオと、Web制作会社LIGがコラボしてできたWebクリエイターのためのスクールです。

おすすめポイントは以下のとおり。

ポイント
  • 3ヶ月/330,000円(動画エディター講座は1ヶ月66,000円)
  • LIVE授業で多方面からフィードバック
  • 転職サポートが充実
  • 3か月で映像の基礎が身につく
  • Web制作で著名なLIGが主催

興味がある人はこの機会にぜひ申し込んでみましょう。

■公式サイト

 

プログラマー・エンジニア

手に職をつけるのにおすすめの仕事の最後4つ目は、プログラマー・エンジニアです。

今ではプログラミングは小学校でも必修科目となり、大人に限らず子どもでもプログラミングを学ぶ時代になっています。

ここまで3つの仕事を紹介してきましたが、その中でもっとも需要があり、もっとも将来が明るいのはプログラマー・エンジニアだといっても過言ではないでしょう。

実際、今でもプログラマーやエンジニア業界は常に人材不足です。

一般的なイメージでは「プログラミングは難しい」と思われています。

ですが、今ではプログラミングを学ぶハードルはWEBデザインを学ぶハードルと同じくらい低いです。

たとえばプログラミングスクールの中には、卒業後に就職保証してくれるとこもあり、多少のお金と半年前後の時間があれば誰でも手に職をつけることができます。

さらに、プログラマーやエンジニアとして高いスキルを身につければ、独立してフリーランスとしてやっていくこともできるでしょう。

ポイント
  • 今後もテクノロジーによって市場が拡大していく分野。
  • プログラマーやエンジニア業界は今でも人材が足りていない。
  • プログラミングスクールによって学ぶハードルが低くなっている。
  • それなりのスキルを身につければ、フリーランスとして独立もできる。

一度プログラミングを覚えれば、末永く使える大きな武器になります。

だからこそ、需要に対して供給が追いついていない今こそ、プログラマー・エンジニアとして手に職をつけるのがおすすめです。

プログラミングを始めるに早いも遅いもなく、30代や40代でも学ぼうと思う意思があれば誰でもプログラマーとして手に職をつけることができます。

今ではそれほどお金もかからず通えるプログラミングスクールもたくさんあるので、手に職をつけたい人はプログラミングを学ぶことを視野に入れてみましょう。

おすすめのプログラミングスクールとしては、「TechAcademy [テックアカデミー]」がもっともおすすめです。

テックアカデミーは日本でもっとも有名なプログラミングスクールといっても過言ではなく、短期集中型なのでとにかくプログラミングを覚えたいという人に向いてます。

現役のエンジニアに質問をしながら学習を進めることができるので、わからないことが出た時にすぐさま質問し学習を進めることが可能です。

興味がある人は、ぜひチェックしてみてください。

■公式サイト

Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。