男が結婚するタイミングで転職するのはアリ?ナシ?




Pocket

最終更新日 2022年8月12日

みなさんは、以下のようなことで悩んでいませんか?

  • 転職は結婚する前と後では、どっちがいいのか。
  • 結婚を機に転職するのってアリ?

結婚は人生の中で最大のイベントといっても過言ではないぐらいの、大きな出来事です。

文字どおり、結婚によって人生が変わる人も少なくありませんし、結婚を機に転職を考える人もいるでしょう。

ですが、はたして結婚を機に転職するのはいい選択なのかどうか、不安な人もたくさんいるはずです。

そこで今回の記事では、転職は結婚する前と後のどっちがいいか、結婚を機に転職する際の注意点まで詳しく解説していきます。

結婚も転職もどちらも人生においては大切なものです。

転職してから後悔しないためにも、結婚というライフイベントの面からしっかり考えてみましょう。

 

転職は結婚する前とした後のどっちがいい?

はじめにも言いましたが、転職は人生でも大きな選択のひとつです。

転職しなければよかったと嘆く人もいれば、タイミングを間違ってしまったと後悔する人もいます。

では、転職は結婚する前と後ではどっちのほうがいいのか。

結論から言うと、転職は結婚してからするのがベストな選択です。

その理由について、以下で解説していきます。

 

転職は結婚してからがベスト

結婚と転職の両方を考えている場合、転職は結婚してからするほうが断然おすすめです。

というのも、結婚前に転職すると相手に不安を感じさせてしまい、結婚生活がうまくいかない可能性があります。

また、「早く転職しないと」という焦りも生まれ、妥協した転職となり、結果として後悔することが多いです。

ポイント

結婚は転職した後にするのがベスト。

結婚前だと相手に不安を感じさせ、転職に対する焦りも生まれる。

何度も言うように、結婚は人生において大きな選択であり、転職も人生を大きく変化させます。

もしかしたら収入が変わるかもしれないし、二人で考えていた結婚生活が送れなくなるリスクもあります。

こうした不安が結婚の前後にあると、結婚生活がうまくいかなくなるケースも少なくありません。

もちろん、結婚前に転職して万全な状態で結婚したいという人もいると思いますが、すでに仕事のアテがあり、それなりにいい条件での転職が保証されていないのであればやめておいたほうが無難です。

結婚前に転職するのであれば、すでに転職のアテがある場合。

転職活動からの転職を結婚前に始めるにはNG。

結婚する前は、生活に大きな影響を与える行動は避けておくのがおすすめです。

 

結婚後ならゆっくり希望の仕事を探せる

転職が結婚した後にベストなのは、ゆっくりと希望の仕事を探せるからにほかなりません。

「結婚」という焦りがある状態と、結婚後に時間と気持ちに余裕がある状態で転職するのでは、転職の成功確率が大きく異なります。

「転職して収入を上げないと結婚生活が厳しい」という人の場合でも、まずは生活が落ち着いてから転職活動するのが基本です。

ポイント

転職活動は気持ちと時間に余裕があるときにすること。

また、「今すぐ転職しないとダメなんだ!」という場合は、そのタイミングで結婚を考えるべきではありません。

結婚も転職と同じく、気持ちに余裕があるときにするべきことです。

「転職しないとヤバイ」と焦りながらも結婚すると、高確率で結婚生活に溝が入るでしょう。

そもそも転職活動自体、時間をかけてやるものであり、そう簡単に自分の希望の仕事が見つかるわけではありません。

だからこそ転職は結婚前ではなく、結婚した後で生活が落ち着いてから、ゆっくり転職活動するのがいいのです。

「早く転職しないと」

「とにかく収入を上げるために転職しないと」

こうした感情での転職活動はやめておきましょう。

 

転職のアテがある場合

もし、すでに転職のアテがあり、結婚前に転職しておくのがいいと思った場合、以下の点をしっかり確認しておきましょう。

転職でのチェックポイント
  • 収入はどれぐらい変わるのか。
  • 休日や残業などはどのぐらいか。
  • 各種保険などの福利厚生はどうなっているのか。
  • 賞与や昇給の有無。
  • 職場の雰囲気や人間関係はどんな感じか。
  • 仕事内容をしっかり把握しているか。

これらすべての項目で、自分が希望する条件を満たしている場合は、結婚前に転職しても失敗することはないでしょう、

結婚前の転職がNGなのは、多くの人はまず転職活動から始め、そこに焦りや不安などの感情が混じるからです。

焦りや不安がある状態で転職活動をすると、細かい部分まで調べずに妥協した転職をしがちで、それが転職の失敗につながります。

ポイント

結婚前の焦りや不安がある状態では、マトモに転職活動できる可能性が低い。

一方、すでにアテがあり、転職先の情報も把握して自分の条件とマッチしている場合は、転職してもミスマッチが起こりにくいです。

転職の失敗の多くは情報とのミスマッチが原因であり、ミスマッチを防ぐためには時間をかけて情報を精査する必要があります。

転職してから後悔しないためにも、アテがある場合のみ結婚前の転職を考え、転職活動から始める場合は結婚後にしておきましょう。



結婚を機に転職するときの注意点

ここまでは、転職は結婚前と後のどっちにしたほうがいいのかについて解説してきました。

転職は基本的に時間と心の余裕がある結婚後にするのがベストで、ゆっくり落ち着いて転職活動することが大事です。

しかし、独身のときの転職と、結婚した後の転職では注意すべき点が違うのも事実。

そこで以下では、結婚を機に転職するときの注意点を解説していきます。

ポイントは、以下の3つです。

結婚を機に転職するときの注意点
  • 収入をできるだけ下げないようにする。
  • 妥協した会社に転職するのはNG。
  • 結婚したからといって安定を重視すると失敗しがち。

詳しく解説していきます。

 

収入をできるだけ下げないようにする

結婚を機に転職する場合は、できるだけ収入を下げないようにしましょう。

言うまでもないことですが、結婚生活においてお金は非常に大事な部分です。

実際、夫婦生活がうまくいかない原因の多くはお金にあると言われていて、毎月の生活費が厳しいと心も貧しくなってしまいます。

ポイント

生活費が厳しいと夫婦関係も悪くなりがち。

相手からしても、転職で年収が100万円下がると言われるとやはりいい気はしないものです。

もちろんお金がすべてではありませんが、結婚生活はお金があれば避けられるトラブルが多いのも事実。

ましてや将来的に子どもを作る気でいるのであれば、なおさら収入は下がらないようにしておきたいところです。

転職では仕事のやりがいを取るか、お金を取るかで悩む人も多いですが、結婚というタイミングでの転職ではお金を選んでおいたほうが失敗は少ないでしょう。

ポイント

結婚を機に転職する場合は、やりがいよりもお金で選ぶほうがおすすめ。

余計な心配をかけないためにも、結婚のタイミングでの転職は収入の増減を重視しておきましょう。

 

妥協した会社に転職するのはNG

転職活動をしていると、めんどうくさくなって「ここでいいか」と思う人も多いでしょう。

ですが、妥協した会社に転職するのは絶対NGです。

自分の希望の条件に合う求人がないとき、多くの人はどこかで妥協して条件を緩めてしまいます。

たとえば給料だったり職場の場所だったり、仕事内容や福利厚生といった観点も妥協する人が多いです。

  • 「多少給料が下がってもいいか」
  • 「ちょっと職場から遠いけど大丈夫か」
  • 「昇給や賞与が不安だけど、給料が高いからいいか」

ですが、せっかく転職するのであれば、今よりも確実に良いと思える会社に転職しなければ意味がありません。

妥協した会社に転職した場合、必ずといっていいほど後悔することになります。

ましてや結婚した後に転職するのであれば、ゆっくり転職活動する時間を確保できるはずなので、自分の条件に合う会社を探すべきです。

しっかり探し続ければ希望の条件に合う仕事は必ず見つかります。

後で紹介するように、転職エージェントなどを利用すれば自分で探すよりも効率よく条件に合う求人を見つけられるでしょう。

妥協した会社に転職し、思っていた会社とは違うとまた転職を繰り返すのは時間と労力の無駄です。

結婚生活に不安を感じさせないためにも、転職では必ず自分の希望の条件に合った会社を選ぶようにしましょう。

 

結婚したからといって安定を重視すると失敗しがち

結婚後の転職では、独身のときよりも安定を重視して転職する人がたくさんいます。

  • 「結婚したんだから、家族のことを第一に考えて転職しないと」
  • 「仕事を失うわけにはいかないから、将来性がある会社に転職しよう」

ですが、こういう気持ちで転職すると後悔する可能性が高いです。

というのも、結局のところ安定した仕事なんてものはどこにもなく、「安定している」と思い込んでいるだけに過ぎません。

「結婚したから」「家族がいるから」という理由で仕事を選ぶと仕事がつまらなくなり、ストレスもかなり増えます。

そうなると働くのも嫌になり、結婚生活にも支障が出てしまうでしょう。

ポイント
  • 安定した仕事は存在しない。
  • 安定を重視すると仕事がつまらなくなり、働くのも嫌になりやすい。

安定というのは何も給料がいい仕事のことではありません。

本当に安定している状態というのは、自分自身が楽しく働ける仕事をしている状態のことです。

結婚したからといって、間違った安定を求めすぎないように注意しましょう。

転職では希望の年収を満たしつつも、後は自分が楽しく働ける仕事を選ぶのがおすすめです。

 

転職で失敗したくないなら転職エージェントを利用すること

結婚を機に転職を考えている人は、転職での失敗は絶対に避けておきたいところですよね。

独身のときとは違い、何度も転職を繰り返すわけにもいかず、失敗して無職になれば結婚生活自体が危ういものになります。

そうした人におすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントとは

転職エージェントは、求職者の転職や就職をサポートしてくれるサービス。

多くの人は転職しようと思ったとき、転職サイトを眺めて希望に合った求人を探そうとします。

ですが、転職サイトの求人情報からは企業の本当の情報はわかりませんし、職場の雰囲気や仕事内容、その他の待遇などもわかりづらいです。

転職の失敗の多くは情報とのミスマッチにあると言いましたが、それを防いでくれるのが転職エージェントとなります。

転職エージェントであれば、転職サイトを見るだけではわからない求人の詳細まで教えてくれるので、転職後のミスマッチがほとんどありません。

職場の雰囲気や離職率、仕事内容や上司はどんな人かまで事前にわかるため、安心して転職することができます。

転職エージェントのメリット
  • 転職サイトからではわからない内容まで教えてくれる。
  • 非公開の求人が多いため、自分では見つけられない優良求人を紹介してもらえる。
  • 面接対策や履歴書などの書き方までしっかりサポート。
  • 利用は無料で、ザックリと相談するだけでもOK。

転職エージェントは世の中にたくさんありますが、その中でももっともおすすめなのは「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントは20代~30代の転職に強いのが特徴で、ほかのエージェントと比べてサポートが手厚くなっています。

大手としての安心感もあり、親身になって話を聞いてくれるので、安心して転職相談が可能。

結婚を機に転職を考えている人は、ぜひ利用してみてください。

■おすすめの転職エージェント



【まとめ】転職は結婚後にゆっくり希望の求人を探そう

今回の記事では、転職は結婚する前と後のどっちがいいか、結婚を機に転職する際の注意点まで詳しく解説してきました。

まとめは以下のとおりです。

今回の記事でわかったこと
  • 転職はゆっくり転職活動ができる結婚後がおすすめ。
  • 結婚前の転職は、焦りや不安から失敗しやすい。
  • すでに転職のアテがある場合は、結婚前でも転職OK。
  • 結婚を機に転職する場合は、できるだけ収入を下げないようにする。
  • 妥協した転職はNGで、結婚を理由に安定した仕事を選ぶのもおすすめではない。
  • 転職で失敗したくないなら、転職エージェントを利用するのが一番。

結婚は人生において大きな選択ですが、転職もそれに劣らないぐらい大事な選択です。

結婚する前に転職するべきかと悩む人は多いですが、失敗を減らすためにもゆっくり転職活動できる結婚後に転職するようにしましょう。

独身のときの転職と、結婚を機に転職する場合では色々と条件が変わりますが、大事なのは「今より良くなる転職をする」ことです。

転職エージェントを利用すれば、自分の条件に合う求人をピンポイントで紹介してもらえるので、転職で失敗したくない人はぜひ使ってみましょう。

■おすすめの転職エージェント

Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。