【人は何のために働くのか?】働く意味とは何なのかを解説。




Pocket

最終更新日 2022年8月12日

  • 「どうしてこんなに働いているんだろう」
  • 「なんで仕事しないといけないのか」
  • 「そもそも働く意味ってなんだろう」

こうした悩みを抱いたことはありませんか?

社会人になれば色々な悩みが湧いてきますが、「働く意味」については誰もが一度は悩んだことがあるでしょう。

朝から晩まで働いて疲れたとき、毎日やりたくもない仕事をしているとき「自分は何のために働いているのか?」と考えることがあります。

仕事は人生の多くの時間を費やすものです。

そうした中で、仕事にやりがいがなかったり、働いている意味がわからないままだと、仕事に嫌気が差してしまうでしょう。

そこで今回の記事では、働く意味とは何なのかについて、後半では働く意味と重要な関係を持つ「やりがい」についても解説していきます。

働く意味に悩んでいる人、何のために働いているのか知りたい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

働く意味とは

まず前提として、働く意味についてはすべての人が納得できる正しい答えがあるわけではありません。

お金のために働く人もいれば、仕事内容にやりがいを持って働いている人もいます。

ただの暇つぶしで働いている人もいれば、夢や目標を持って働いている人もいるでしょう。

働く意味は最終的には自分自身で見つけなければならず、他人の答えが自分の答えになるわけではありません。

そのことを頭に入れた上で、ここからは私が思う「働く意味」について解説していきます。

 

働くのは生きるため

結論から述べると、「働く意味」について何年も悩んだ私がたどり着いた答えは、人が働くのは「お金のためであり、生きるためであり、食べるため」という根も葉もない答えです。

世の中の成功者やお金持ち、書店の棚に綺麗に並べられているビジネス本や自己啓発本の中には、「お金のために仕事をしているわけじゃない」という言葉が書かれているのをよく目にするでしょう。

ですが、この甘い言葉に騙されてはいけません。

人間が働くのはお金を稼ぐためであり、生きるためであり、食べるため。

これが仕事の真理であり、人生の道理です。

働く意味について悩む人の多くは、何かしらの意味を求めがちですが、現実にそんなものは存在しません

あるのは、「お金のために働く」「生きるために働く」「食べるために働く」という、厳然たる事実です。

もちろん、人によっては違う答えを持って働いている人もいますし、素晴らしい仕事観を持って働いている人もいます。

ですが、そうした人たちも「何のために働いてお金を稼いでいるか?」と問われれば、「衣食住のために働いてお金を稼いでいる」と認めざるを得ないでしょう。

 

生きるためにはお金が必要

現代では、「お金のためではなく、やりたいことをやっているだけです」と語るインフルエンサーやビジネスマンをたくさんいます。

ですが、何をやるにしても、やりたいことをやるには必ず「お金」が必要です。

そして、やりたいことをやるにはまず生きなくてはならず、生きるためには食べなくてはなりません。

つまり、やりたいことが何なのかはともかく、やりたいことをやるには「生きるため」「食べるため」にお金が必要になり、そしてお金を稼ぐためには働かなくてはならないのが現代社会です。

お金がないと衣食住が確保できない。

やりたいことがあっても、お金がないとできないことも多い。

このことを前提にして考えると、「働く意味=お金のため」ということがわかるでしょう。

映画にもなった「闇金ウシジマくん」というマンガの中には、主人公のウシジマくんが「金が全てじゃねぇが、全てに金が必要だ」と言っているシーンがあります。

これはまさに、働く意味の真理を捉えている言葉です。

 

すべてに必要なお金を稼ぐために働く

近年、ビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)の需要が世界中で高まっています。

ですが、日本では現在「円」以上に価値のあるものは存在しません(普及率と信用性の面では「円」以上に価値のあるものはないという意味)。

日本で何かモノを買ったり、住宅に住んだり、税金を払ったりするためには「円」というお金が必要になり、これは日本国に住んでいる限りは誰もが従わなければならないルールです。

近所の川で拾った石を、どれだけ熱心にその価値を伝え、その石で食べ物を買おうとしても、国家が「価値のあるもの」と定めていない以上、その石に価値があったとしてもそれと引き換えにモノを買うことはできません。

ポイント

何かをするためには必ずお金が必要であり、全てに必要なお金を稼ぐために、人は働いている。

しかし、だからといってお金を稼ぐために何もかもを犠牲にしろというわけではありません。

「お金こそがすべて」「お金さえあれば何でもできる」という思考回路になると、お金がなければ何もできない」「お金がないと幸せになれない」という間違った考えになってしまいます。

大事なのは、自分に必要なお金の量を知っているかどうかです。

 

でも、お金に捉われて働いてはいけない

よく言われるように、幸せを感じるハードルは上げるよりも下げるほうが圧倒的に難しいです。

ですが、自分なりの幸福のハードルを持ち、ハードルを周りよりも低く保っていればお金はそこまで必要ありません。

それが結果として、働き方の選択肢の多様化をもたらします。

幸福のハードルが低いと自分にとって必要なお金を稼ぐだけですむので、精神的に追い込まれるブラック企業で働く必要もありません。

幸せのハードルが低いと
  • 何気ないことに幸せを感じられるので、お金で幸せを買う必要がない。
  • 必要以上のお金を稼ぐ必要がないので、働く時間を短くできる。
  • 働く時間を短くできるということは、仕事の選択肢の幅が広がる。

働く意味について悩む人の多くは、仕事への不満と身体的なストレスが大きな原因となっている人が多いです。

それならまず、「自分にとって害のある時間を減らすにはどうすればいいか?」を考え、自分の価値観や幸福感について考えてみましょう。

お金に捉われて働くことは、自分を見失うことにもなりかねません。

何のために働いているのかわからない人は、お金は自分の価値観の中でどの位置にあるのか?自分が求める幸せには「お金」は本当に必要なのか?と一度自問してみるのがいいでしょう。



働く意味がわからないのは仕事にやりがいがないから

ここまで解説してきたとおり、働く意味は「食べる」「生きる」「お金」の3つが基本となっています。

ですが、そもそもなぜ人は働く意味に悩むのか。

結論から言うと、それは仕事にやりがいを感じていないからです。

ここからは、働く意味に重要な仕事のやりがいについて解説していきます。

 

やりがいは探すから見つからない

働く意味について悩む人は、「今よりやりがいのある仕事がしたい」「人の役に立っている仕事がしたい」と思っている人が多いです。

毎日毎日同じ仕事の繰り返し、意味があるのかわからない作業、ただ1日早く時間が過ぎるのを待つ。

そんな毎日に嫌気が差している人も少なくありません。

友達や知り合いの中にも、今の仕事に対して「飽きた」「つまらない」と言っていたり、仕事に対して嫌悪なイメージを持っている人もたくさんいるでしょう。

ですが、そもそも「やりがい」というのは仕事そのものにあるわけではなく、自分で作り出していくものです。

やりがいは探すからこそ見つからず、「探す」のではなく「生み出すもの」としてやりがいを考えれば、今の仕事にもやりがいを感じることはできます。

 

やりがいは自分の心で作り出すもの

たとえば、接客業や販売業・介護職という職種は、一般的には「やりがいのある仕事」「人の役に立っていると実感できる仕事」と思われています。

お客さんやおじいちゃん、おばあちゃんからの「ありがとう」という言葉で「自分は役に立っている」と感じ、その仕事に対してやりがいを感じる。

そうした、人と直に接する仕事はやりがいのある仕事と言われることが多いです。

ですが、そうした職種も仕事そのものにやりがいがあるわけではなく、みんな自分の心でやりがいを作っています。

たとえば、

  • 「めんどくさい」
  • 「だるい」
  • 「やりたくない」
  • 「早く帰りたい」
  • 「休みたい」
  • 「眠い」

と思っていれば、お客さんに「ありがとう」と言われてもやりがいは感じられず、どんな職種の仕事をしても変わりません。

やりがいとは決して「この仕事をすればやりがいを感じられる」「介護職ならやりがいがある」というものではなく、自分が仕事に対して思う気持ちによって感じるものです。

「あの人の仕事はやりがいがありそうだな」と思うのはすべて幻想でしかありません。

実際には、その人が自分でやりがいを作り出している姿を、それを見ている自分が「あの人はやりがいのある仕事をしている」ように見ているだけなのです。

 

主体的に取り組む=やりがいが生まれる

では、どうすればやりがいを生み出せられるのか。

それは、仕事に対して「主体的に取り組む」ようにすること。

働く意味がわからなかったり、仕事にやりがいを感じられない原因の多くは、仕事を「やらされている状態」だからです。

それを主体的に取り組む「自分からやっている状態」に変えれば、やりがいを感じて働くことができます。

  • 主体的に取り組んでいる状態⇒自分の頭で考え、工夫しながら仕事に取り組んでいる状態。
  • 受動的に取り組んでいる状態⇒上司や他人に言われながら、言われたことだけやる状態。

与えられた仕事を惰性でこなすのではなく、「仕事をうまくやるにはどうすればいいか」を常に自分の頭で考え、工夫し、実行すること。

「あいつは仕事が遅い」「やりたくない」「帰りたい」という余計なことは一切考えず、ただ目の前の仕事にだけ集中して取り組む。

仕事はやらされている状態ではただの「作業」に過ぎず、主体的に取り組んではじめて「仕事」になります。

 

一番好きな作業を仕事にする

ほかにも、やりがいや働く意味は自分の一番好きな作業を仕事にすることでも感じることができます。

たとえば、普段自分が「楽しい」「好きだ」と感じることを思い出してみましょう。

  • ゲームをしているとき
  • スマホをいじっているとき
  • 友達と遊んでいるとき
  • 音楽を聞いているとき
  • 映画を見ているとき…etc

このように自分がやっていて楽しいと思うことを思い出し、その楽しいと思うことを作業に置き換えます。

ゲームをしているときが楽しいと感じるのであれば、「ゲームをしているときの何に対して楽しさを感じているのか」を考える。

頭を使ってクリアしているとき、コツコツレベルを上げているとき、ストーリーを楽しんでいるときなど、ゲームをやっていてどの作業に楽しさを感じているのかを論理的に考える。

頭を使ってクリアしているときが楽しいと思うなら、自分が好きな作業は「考えること」、コツコツレベルを上げているときが楽しいのなら、「コツコツ作業」や「ルーティンワーク」が向いているといえるでしょう。

どんな作業が好きかを論理的に考える
  • ゲームのレベル上げが楽しい⇒コツコツ作業、ルーティンワークが向いている。
  • 頭を使って考えるのが楽しい⇒プログラマーや企画を考えるなど、論理的に考える仕事が向いている。
  • 人と接するのが楽しい⇒接客業や営業職が向いている。

自分が一番好きな作業は、普段自分が楽しいと感じることを作業に置き換え、「どこに楽しさを感じているのか」を考えればわかります。

そしてその好きな作業に似た仕事をする。

そうすればやっている仕事は一番好きな作業なので、興味のない仕事をしているときよりもやりがいを感じやすくなります。

働く意味がわからないなら転職するのも1つの手

今の仕事をしていて、働く意味がわからないと悩むのであれば転職してみるのも1つの手です。

ここまで「働く意味に悩むのはやりがいがないから」「やりがいは自分の心で生み出せる」と解説してきましたが、どうしても働く意味を感じられない仕事もあるでしょう。

そうした仕事をしているのであれば、思い切って転職するのがおすすめ。

働く意味に悩んでいる人は、おそらく働くことに嫌気が差しているはずです。

  • 毎日同じような仕事でつまらない。
  • 繰り返すだけの毎日でやりがいがない。
  • 職場の人間関係にストレスを感じている。

こうした悩みや不満は、転職することで解決できます。

実際、今の仕事では働く意味に悩んでいても、やりたい仕事や興味がある仕事に転職した結果、仕事が好きになる人も少なくありません。

働く意味に悩むのは、今の仕事に不満を抱えているというサインです。

最近は転職する人も増えていて、休日や勤務時間などの働き方も柔軟な仕事が増えています。

転職するのが怖い人もいると思いますが、多くの人たちが「もっと早く転職すればよかった」と感じているのも事実です。

働く意味に悩んでいる人は、不満を抱えながら働くのではなく、一歩踏み出して自分に合った仕事を探してみましょう。

 

転職活動するなら転職エージェントを利用すること

なお、転職活動するのであれば、転職エージェントを利用するのが失敗を避けるコツです。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、担当者が希望の条件を聞いた上で、転職サイトには載っていない優良求人を紹介してくれるサービスのこと。

転職エージェントを利用すれば、職場の雰囲気など転職サイトには載っていない情報まで知ることができ、転職のミスマッチを防ぐことができます。

自分ができる範囲でやりがいを感じられそうな仕事、希望の条件に合った興味ある仕事を親身になって紹介してくれるので、自分1人で転職活動するよりも圧倒的に効率が良いです。

また、転職エージェントも世の中にたくさんありますが、その中でも特におすすめなのは「マイナビエージェント」という転職エージェント。

マイナビエージェントは20代~30代の転職に強いのが特徴で、ほかの転職エージェントと比べてサポートが手厚く、どんな相談にも親身になって話を聞いてくれます。

おすすめポイント
  • 20~30代の優良求人は業界トップクラス。
  • IT系、金融系、営業系は特に強い。
  • 自分の市場価値がわかるので、これからのキャリアの参考になる。
  • 非公開求人が多いので、本当に魅力的な求人が見つかる。
  • 面接対策や職務経歴書の書き方などのサポートもある。

相談も無料で、必ずしも転職しなければいけないわけでもないので、気軽に転職活動したい人にもおすすめです。

興味がある人は、ぜひ利用してみてください。

■おすすめの転職エージェント



【まとめ】人は生きるために働いている

今回の記事では、働く意味とは何なのかについて、働く意味と重要な関係を持つ「やりがい」について解説してきました。

まとめは以下のとおりです。

今回の記事で解説してきたこと
  • 人が働くのは「お金」のためであり、生きるためであり、食べるため。
  • 働く意味に悩むのは、仕事にやりがいがないから。
  • やりがいは仕事に主体的に取り組むことで生まれる。
  • 好きな作業の仕事をしていれば、やりがいを感じやすい。
  • 働く意味がわからないなら、やりたい仕事に転職するのも1つの手。

「人はなんのために働くのか?」という働く意味に対する答えは、「人は生きるために働いている」というものです。

そして、そもそも働く意味について悩むのは、今の仕事にやりがいを感じていないからでもあります。

働く意味の本質が「お金と生きるためと食べるため」だったとしても、やりがいを感じながら仕事をするのは大事なことです。

私も昔は働く意味に悩んでいましたが、自分にとってやりがいのある仕事を見つけてからは、働く意味に悩むことはなくなりました。

「仕事にやりがいがない」「何のために働いているのか」と悩む人は、まずは転職活動からはじめてみましょう。

転職エージェントを利用すれば、転職での失敗を減らしつつ、本当に自分に合った仕事を見つけることができます。

■おすすめの転職エージェント

自分に合った仕事をしていれば、働く意味に悩むことなく、やりがいを感じながら楽しく働くことができますよ。

Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。