筋トレを始めるなら迷わずパーソナルジムに通うべき理由。




Pocket

最終更新日 2022年8月15日

この記事を読んでいるということは、これから筋トレを始めようと思っている人のはずです。

ですが、初っ端から辛辣なことを言いますが、筋トレを始めた人のほとんどは3日坊主で終わるのがオチとなっています。

筋トレで体を変えたいと思ったら1週間や2週間では意味がなく、1ヶ月~2ヶ月といった期間頑張らなければなりません。

しかし、1ヶ月~2ヶ月の間筋トレを継続するのはそれなりの努力と意志の強さが必要です。

「じゃあ、筋トレを始めても無駄だってこと?」と思うでしょうが、そんなことはありません。

筋トレを始める人でも、挫折せずしっかり体を変えるまで継続できる方法はあります。

それが「パーソナルジム」に通うことです。

今回の記事では、筋トレを始めるなら迷わずパーソナルジムに通うべき理由について解説していきます。

これから筋トレを始めるという人、過去に何度か筋トレを挫折している人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

筋トレを始めても継続するのは困難

パーソナルジムに通うべき理由について説明する前に、まずなぜ筋トレが続かないのかについて解説していきます。

筋トレが続かない理由を理解することで、どうしてパーソナルジムに通う必要があるのかもわかりやすくなるはずです。

筋トレを始める上で頭に入れておくべきことは、以下の3点。

筋トレを始める上で頭に入れておくべきこと
  • 1年間筋トレを継続できる人は3%前後。
  • 筋トレは気合いと根性では続かない。
  • 会社員だと難易度はさらに上がる。

詳しく解説していきます。

 

1年間筋トレを継続できる人は3%前後

筋トレはダイエットと同じく挫折する人が多く、続けられる人が少ないのは想像つきますよね。

たとえば以下のグラフでは、2016年からの1年間、5240人を対象とした筋トレ継続率を表しています。

見てわかるとおり、筋トレを始める人が100人いるなら、2ヶ月後には約半分が脱落。

半年で残ってるのは10人前後1年後はわずか3人~5人前後という結果となっています。

ポイント

つまり、筋トレを1年間継続できる人は3%前後ということ。

上記のグラフからも、筋トレがいかに継続するのが難しいものかがわかります。

しかし、なぜそんなにも筋トレは継続するのが難しいのか。

それは、ほとんどの人が気合いと根性で筋トレを続けようとしているからです。

筋トレを続けるためのコツは気合いや根性ではなく、「筋トレを続けられる仕組み」にあります。

その仕組みこそ、パーソナルジムに通うことなのです。

 

筋トレは気合いと根性では続かない

筋トレは気合いや根性だけでは続けられません。

これは私自身も実感していることで、よほどの筋トレ好きかストイックな人でもない限り、筋トレを続けるのは至難の業です。

筋トレを始めようと思ったときは、多くの人がモチベーションが高い状態にあり、「明日から頑張るぞ!」と気合いを入れています。

そして実際に1日や2日、あるいは1週間ぐらいは高いモチベを維持したまま筋トレできるでしょう。

ですが、モチベはすぐになくなっていき、次第に面倒くささと疲労のほうが上回り、筋トレが嫌になってきます。

こうなるともう挫折ルーティンの中にいます。

筋トレの挫折ルーティン

「よし、筋トレを始めるぞ!」⇒1週間ぐらいやる気に満ちている⇒2週間ぐらいから面倒くさくなってくる⇒「疲れているし今日はいいや」⇒挫折

「初心忘れるべからず」とはいかず、筋トレを始めた頃の高いモチベをずっと維持することはできません。

気合いと根性で筋トレが続くと思っている人は、自分の意思の弱さを見くびっています。

私も含め、人間の意思なんてほんと雑魚で、筋トレが嫌になってくれば「辞める理由」をあちこちから見つけ出し、自分を正当化しだすでしょう。

  • 「今日は疲れているから」
  • 「1日ぐらいサボったって変わらない」
  • 「明日に今日の分もまとめてやればいいや」

これは筋トレが続かない人の常套句です(笑)

筋トレを続けたいのなら、パーソナルジムなどに通い「続けなければならない理由」を作らなければなりません。

これについては、後で詳しく説明していきます。

 

会社員だと難易度はさらに上がる

これから筋トレを始めようとしている人は、おそらく普通の会社員の人が多いでしょう。

会社から帰ってきて、色々とやって余った時間で筋トレをしようと思っている人がほとんどのはずです。

ですが、会社員だと筋トレを続ける難易度はさらに上がります。

ちょっと考えてみましょう。

  • 一日中仕事をして疲れ切った体で、はたして筋トレする気力があるか。
  • 残業が続いて帰宅時間が遅くなっても、「時間がない」と言い訳しないか。
  • 頑張って仕事をしてやっと手に入れた自由な時間を、体にムチを打って筋トレができるか。

少なくとも、私はできる自信がありません。

何度も言うように、人間の意思なんてゴミなので、今はモチベが高くても体が疲れてくれば「やらない言い訳」を作り出します。

会社員で筋トレを続けられるのは、本当に強い意思が必要なんです。

でもそれは、「会社員は筋トレができない」という意味ではありません。

大事なのは「筋トレが続く仕組みを作ること」であり、気合いと根性と意思の力で続けようとするから挫折してしまうのです。

つまり、会社員で筋トレを続けるには「パーソナルジム」という続けるべき理由が必要になります。



筋トレを始めるならパーソナルジムに通うべき理由

筋トレを始める人が100人いても、半年後には10人、1年後には2~3人ぐらいしか残っていません。

筋トレは続けなければ意味がないので、せっかく始めるのなら「挫折しない方法」「続けられる方法」を考えることが大事です。

言うまでもなく、ここで紹介するのは「パーソナルジムに通う」という方法です。

ここからは、筋トレを始めるならパーソナルジムに通うべき理由について解説していきます。

その理由とは、以下の3つです。

パーソナルジムに通うべき理由
  • 自分の体に合ったトレーニングができる。
  • 正しい筋トレ方法が身につく。
  • 筋トレを続けなければならない理由ができる。

詳しく解説していきます。

 

自分の体に合ったトレーニングができる

これから筋トレを始めようとする人は、もちろん筋トレ初心者のはずです。

腕立てや腹筋、懸垂やスクワットなど何となく筋トレの方法は知っているものの、どうやって鍛えるのがいいかわからない人がほとんどでしょう。

実際、筋トレは自分の体に合ったトレーニングをするのが大事であり、自分の体に合わないトレーニングをしても効果は得られません。

これこそ、筋トレを始める人がパーソナルジムに通うべき理由です。

パーソナルジムでは、担当のトレーナーが一人ひとりの体つきや目的に合わせて、オーダーメイドのトレーニングメニューを組んでくれます。

ポイント

パーソナルジムは個人の一人ひとりに焦点を当て、体や筋肉、筋トレの目的などを明確にした上で、自分の体に合ったトレーニングができる。

これにより、自己流でやる筋トレよりも短時間で高い効果を得ることができます。

せっかくキツイ思いをして筋トレを始めるのなら、しっかりと効果を感じられたほうがいいでしょう。

頑張ってガムシャラに筋トレを続けても、効果が出なければ時間と体力の無駄です。

自分の体に合った最適なトレーニングができるのは、パーソナルジムの最大のメリットと言えるでしょう。

 

正しい筋トレ方法が身につく

筋トレはただ鍛えればいいというものではなく、正しい方法で鍛える必要があります。

たとえば腕立てや腹筋にしても、見様見真似でやってもしっかり負荷がかからず、全然効果が得られません。

やり方によっては怪我をすることもあるため、筋トレは正しい知識を持った人に教えてもらうのが一番です。

そこで役立つのがパーソナルジムです。

パーソナルジムでは、専門知識を持ったトレーナーが安全かつ効果的にトレーニングする方法を丁寧に指導してくれます。

ポイント

パーソナルジムでは、専門知識を持ったトレーナーが正しい効果的なトレーニングを教えてくれる。

一度正しい筋トレの方法を覚えれば、自宅でも怪我をすることなく効率よく鍛えられるでしょう。

筋トレを始める人がわかっていないのは、「正しく筋トレすることは難しい」ということです。

筋トレはフォームが少し違うだけで怪我のリスクがあり、しっかり負荷がかかっていなければ鍛えても鍛えても効果が出ません。

パーソナルジムでは、そうした問題はすべて解決します。

 

筋トレを続けなければならない理由ができる

パーソナルジムに通うには、当然ながらお金がかかります。

一般的なパーソナルジムの相場としては、2ヶ月コースで大体20万~30万円のところが多いです。

「たかっ!」と思うかもしれませんが、分割払いも可能なので、月々の支払いは一般的なジムに通うのと同じ大体8,000円~10,000円前後となっています。

そしてこの「お金がかかっている」という事実こそ、筋トレを続けるために必要なものです。

何度も言うように、人間は意思が弱いので筋トレを続けるためには「続けるための仕組み」が大事になります。

  • 「時間があったらやろう」
  • 「暇になったらやろう」
  • 「今日は疲れたから明日やろう」

こういう人は筋トレを始めてもまず続きませんし、1週間も持ちません。

ですが、お金を払ってパーソナルジムに通うことで「続けなければならない理由」ができます。

ジムに行かないとせっかく払っているお金がムダになると思えば、多少疲れていても行こうと思う気力が湧いてくるでしょう。

それに、多くのパーソナルジムは2ヶ月という短期間のコースなので、ダラダラ長く通うという嫌気もありません。

筋トレを始める人がまずやるべきは「筋トレが続く仕組み」を作ることであり、その最適解がパーソナルジムに通うことなのです。

 

筋トレを始める人が絶対使うべきパーソナルジム

筋トレを始める人に必要なのは「筋トレが続く仕組み」であって、やり方や鍛え方などは二の次です。

パーソナルジムに通うという選択は、お金をかけることで「筋トレを続ける理由」を作るために非常に効果的となります。

では、一体どこのパーソナルジムに通うのがいいのか。

結論から言うと、もっともおすすめのパーソナルジムは「エクササイズコーチ」です。

エクササイズコーチは、数あるパーソナルジムの中でも最安値「70,400円」で通えるジムとなっています。

トレーニング時間もたったの20分、テクノロジーを駆使して個人に最適なトレーニングを提供している点が魅力ですね。

トレーナーの質が高いことでも人気があり、自分の体や目的にマッチするトレーニングを考えてくれるので、短時間で効率的なトレーニングができます。

おすすめポイント
  • パーソナルジム業界の中でも最安値。
  • 1回20分の短時間で高い運動効果を実現。
  • 個人に最適な完全個別プログラム。
  • 持ち物は不要で、予約もいらないのでいつでも好きなときに通える。

コスパの良さを考えても、筋トレを始める人は絶対に通うべきパーソナルジムと言えますね。

興味がある人は、まずは無料カウンセリングに通い、自分に合うかどうか確かめてみましょう。

■無料カウンセリングはコチラ

ほかのジムがいいという人は、【GYME】で地域やクチコミ、料金の条件などで全国のパーソナルジムを詳しく検索できるので、ぜひ利用してみてください。

■パーソナルジム検索はコチラ



【まとめ】筋トレを始める人はパーソナルジムへ行こう

今回の記事では、筋トレを始めるなら迷わずパーソナルジムに通うべき理由について解説してきました。

まとめは以下のとおりです。

今回の記事でわかったこと
  • 1年間筋トレを継続できる人は3%前後しかいない。
  • 筋トレは気合いや根性では続かず、続けるには「続ける理由」が必要。
  • パーソナルジムでは自分の体に合った筋トレができ、効率よく鍛えられる。
  • 正しい筋トレ方法を学ぶためにも、パーソナルジムがおすすめ。
  • 「筋トレを続ける理由」がパーソナルジムに通うこと。

筋トレを始める人は、これから頑張って鍛えようとモチベが高い状態にあるでしょう。

ですが、多くの人は筋トレを続けることはできず、すぐに挫折する運命にあります。

筋トレは気合いや根性では続かず、続けるには「続けるための理由」が必要です。

そしてその理由を与えてくれるのが「パーソナルジム」です。

パーソナルジムは自分の体に合った筋トレができ、怪我のリスクが少ない正しいトレーニングが学べます。

さらに、お金をかけることで筋トレを続ける理由ができ、筋トレを始める人でも挫折せずに続けることができます。

筋トレは続けなければ時間と体力の無駄遣いなので、これから筋トレを始める人はぜひパーソナルジムに通ってみましょう。

■無料カウンセリングはコチラ
ジムで正しい知識が身につけば、コースが終わった後も自分で効率よく筋トレができるようになりますよ。

Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。