乳首のムダ毛はどう処理するのが正解?【乳輪周りのムダ毛事情】




Pocket

最終更新日 2022年9月24日

  • 乳首や乳輪周りのムダ毛はどうするべき?
  • おすすめの処理方法はある?

女子で乳首や乳輪周りのムダ毛が気になっている人は意外と多いです。

男性のムダ毛のようにボーボーに生えるわけではありませんが、薄っすらと乳首生えているうぶ毛が気になっている人は少なくありません。

結論から言うと、乳首や乳輪周りのムダ毛に悩んでいるのであれば、今すぐ脱毛することをおすすめします。

悩んでいてもムダ毛はなくなりませんし、自分の体にも自信が持てません。

女子にとって胸は大切な部分なので、バストケアだけでなくムダ毛もしっかり処理しておくのがおすすめです。

そこで今回の記事では、乳首や乳輪周りにムダ毛が生える理由を解説し、後半ではおすすめの処理方法まで紹介していきます。

乳首のムダ毛を処理しておけば、男性との突然のお泊まりでも焦ることはありません。

乳首のムダ毛に悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでみでください。

 

乳首や乳輪のムダ毛はなぜ生える?

毛深い体質の人は、乳首や乳輪にムダ毛が生えていることに気づくでしょう。

しかし、そもそもなぜ乳首にムダ毛は生えるのか?

乳首にムダ毛が生える女性には、なにか特徴があるのか?

乳首にムダ毛が生える理由としては、以下の3つが考えられます。

乳首にムダ毛が生える理由
  • ある程度のムダ毛は女性としても自然なこと。
  • ホルモンバランスの乱れで生える。
  • 毛深い場合は多嚢胞性卵巣症候群の可能性あり。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

ある程度のムダ毛は女性としても自然なこと

乳首のムダ毛は、ある程度であれば女性として生えているのは自然なことです。

そもそも体毛には、以下のような役割があります。

体毛の役割
  • 皮膚を守るため。
  • 体温の保持。
  • 体を細菌から守る。

乳首のムダ毛に関しても同じで、乳首は赤ちゃんが母乳を飲むときに大事な部分であるため、体毛で守るのは不思議なことではありません。

つまり、一見無駄に思えるような乳首のムダ毛も、女性にとって大事な部分を守るためには必要なものなのです。

実際、乳首には外部からの刺激や摩擦に耐えられるように毛穴が存在しています。

体毛の役割は衣服の着用などで薄れてきていますが、腕や足の毛と同じく、乳首のムダ毛も衣服がなかった時代の名残として残っているのだと考えられるでしょう。

 

ホルモンバランスの乱れでも生えてくる

乳首や乳輪周りにムダ毛が生えているのは自然なことですが、それはあくまでも自然な量の話です。

もし、乳首のムダ毛がかなりふさふさに生えているのだとすれば、それは別の原因が考えられます。

その原因のひとつが「ホルモンバランスの乱れ」です。

ムダ毛などの体毛はホルモンバランスによって左右され、ムダ毛が濃い女性は男性ホルモンが多い傾向にあります。

男性ホルモンには「体毛の増加」という働きがあるため、女性ホルモンよりも男性ホルモンの割合が多くなると、自然とムダ毛が濃くなるのです。

ポイント

女子のムダ毛は男性ホルモンが多くなると濃くなる。

乳首のムダ毛の場合は、妊娠中や更年期など、ホルモンバランスが変わりがちな時期に特に生えやすくなります。

ほかにも、生活習慣の乱れや食生活、タバコなどによってもホルモンバランスは乱れるので、普段から注意しておくことが大事です。

ある程度のムダ毛は自然なことですが、他人よりも濃いと感じる場合はホルモンバランスに乱れを考えてみましょう。

 

毛深い人は多嚢胞性卵巣症候群の可能性も

女性で毛深くなる原因の大半は両親からの遺伝によるものですが、中には病気によって毛深くなっている人もいます。

その病気というのは、「多嚢胞性卵巣症候群」というものです。

毛深くなる病気があると聞くと驚くかもしれませんが、実際には成人女性の20人に1人くらいがこの病気にかかっていると言われています。

多嚢胞性卵巣症候群は、簡単に言うと排卵障害の病気であり、その症状のひとつが「多毛症」というものです。

ほかにも、多嚢胞性卵巣症候群には以下のような特徴があります。

多嚢胞性卵巣症候群の特徴
  • 生理不順や無月経。
  • 多毛症で毛深い体になる。
  • ニキビなどの肌荒れが多い。
  • 太りやすくて肥満気味。

乳首のムダ毛が濃い場合は、それはもしかしたら遺伝ではなく多嚢胞性卵巣症候群かもしれません。

目安としては、上記に挙げた特徴の2~3つが当てはまると、多嚢胞性卵巣症候群の可能性が高いと言えます。

乳首のムダ毛に悩んでいる女性は、毛深い以外に何かしらの症状がないかを考えてみましょう。



乳首のムダ毛を処理するときの注意点

乳首のムダ毛は自然に生えているものですが、女子にとっては邪魔でしかありませんよね。

しかし、邪魔だからといって適当に処理すればいいわけではなく、乳首のムダ毛処理は腕や足のムダ毛よりも注意しなければなりません、

というのも、処理の仕方を間違えてしまうと、大事な乳首を傷つけることになります。

乳首のムダ毛処理を処理するときの注意点は、以下の3つです。

乳首のムダ毛処理の注意点
  • 毛抜きはNG。
  • カミソリやシェーバーもおすすめしない。
  • 家庭用脱毛の使用には注意。

詳しく解説していきます。

 

毛抜きはNG!

乳首のムダ毛処理を処理するときの注意点の1つ目は、毛抜きはNGだということです。

乳首に目立ったムダ毛が生えている場合、つい毛抜きで抜いてしまいがちですが、これは絶対にやめておきましょう。

乳首のムダ毛は肌の中でも特に敏感な部分に生えているため、無理やり毛抜きで抜くと毛穴や毛細血管などが傷ついてしまいます。

毛抜きで処理した人の中には血が出てしまったという人も少なくなく、傷になる可能性もゼロではありません。

濃いムダ毛の場合は根元もしっかりしていて、抜くときにも痛みが大きく、抜いた後の皮膚のダメージも大きいです。

さらに、傷ついた皮膚から雑菌が入り込み、炎症を起こす可能性もあります。

毛抜きでの処理
  • 毛穴や毛細血管が傷つく。
  • 抜くときに痛みがあり、抜いた後の肌のダメージも大きい。
  • 傷ついた皮膚から雑菌が入り、炎症が起きる可能性がある。

また、乳首のムダ毛以外の部分も、毛抜きでの処理はデメリットが大きいのでなるべくやめておきましょう。

 

カミソリやシェーバーもおすすめしない

乳首のムダ毛処理を処理するときの注意点の2つ目は、カミソリやシェーバーもNGということです。

毛抜き同様、ムダ毛をカミソリやシェーバーで処理している人は多いでしょうが、乳首のムダ毛はやめておきましょう。

というのも、乳首や乳輪周りは敏感な部分でもあるため、カミソリなどでは皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

何度も言いますが、乳首や乳輪周りというのは女性にとって大事な部分です。

デリケートなのはもちろんのこと、傷や炎症を起こすと悪化する可能性が高い部分でもあります。

カミソリは手軽な方法ですが、肌のことを考えるのであればやめておいたほうがいいですね。

カミソリでの処理
  • 皮膚を傷つけてしまう可能性がある。
  • 肌のことを考えるのであれば、おすすめしない。

どうしてもカミソリやシェーバーを使いたいのであれば、最低限女性用のカミソリとシェーバーを使うようにしましょう。

女性用の場合は肌への負担も少なくなっているので、男性用よりも安全に処理ができます。

 

家庭用脱毛器の使用には注意

乳首のムダ毛処理を処理するときの注意点の3つ目は、家庭用脱毛器の使用には注意です。

家庭用脱毛器は、自分でサロン級の効果が得られる脱毛方法ですが、こちらも乳首のムダ毛処理には適切ではありません。

乳首や乳輪は皮膚が薄く肌が弱い部分なので、自分で脱毛器を使って処理すると皮膚の炎症を起こす可能性があります。

家庭用脱毛器も肌への負担が大きい。

ですが、リスク的にはカミソリやシェーバーよりは低いので、どうしても自分で処理したい人は家庭用脱毛器という選択肢もありです。

その際にはしっかりとアフターケアをおこなうようにし、肌の表面を保護するためにボディクリームや乳液を塗っておきましょう。

「肌を傷つけてしまった」「肌が赤くなってしまった」ときは、雑菌が入って炎症が起こるのを防ぐために消毒液を含ませたコットンを当てて消毒するのがおすすめです。

そして肌が気になる場合や痛みが続く場合は、皮膚科に相談に行くようにしましょう。



乳首のムダ毛処理におすすめの方法

ここまでは乳首にムダ毛が生える理由から、処理する際の注意点について解説してきました。

何度も言うように、乳首はとてもデリケートな部分なので、ムダ毛処理の際にもきちんと適切な方法で処理する必要があります。

毛抜きやカミソリ、家庭用脱毛がNGだとしたら、ほかにどんな方法があるのか。

おすすめは以下の3つです。

乳首のムダ毛処理におすすめの方法
  • ハサミで切る。
  • 脱毛サロンで処理。
  • 医療脱毛で永久に脱毛。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

ハサミで切る

乳首のムダ毛処理におすすめの方法1つ目は、ハサミで切ることです。

乳毛のムダ毛の場合、根元からハサミで切ってしまうのが、一番皮膚に刺激を与えずに処理できる方法となっています。

ハサミでのムダ毛処理は肌を痛めることもなく、気になるムダ毛だけを処理することが可能です。

自宅でいつでも好きな時間に処理できるのも楽で、ハサミなら誰でも持っているので今すぐ処理できる方法でもあります。

欠点としては、ハサミはあくまで切るだけなので根本にはムダ毛が残ったままの状態です。

そのため、一度処理しても何度も繰り返し生えてくるので、その度に処理する必要があります。

ハサミでの処理
  • 誰でも今すぐに処理できる方法。
  • 肌を痛めることもない。
  • ただし、切るだけなので何度も繰り返し生えてくる。

毛が細い人などは、ハサミでも十分に目立たないように処理できるでしょう。

お金をかけずに処理したい人は、まずはハサミを試してみるのがおすすめです。

 

脱毛サロンで処理

乳首のムダ毛処理におすすめの方法2つ目は、脱毛サロンで処理です。

脱毛サロンは脱毛のプロであるスタッフが専門の脱毛器を使い、気になる部分のムダ毛を処理してくれます。

脱毛のパワーも家庭用より高く、毛深い人や剛毛な人でもしっかり効果を実感できるのが特徴です。

脱毛サロンはお金がかかると敬遠する人もいますが、全身脱毛ではなく部分脱毛であれば比較的安い金額で脱毛ができます。

脱毛箇所は全身50か所以上に分けられ、多くのサロンでは自由に部位を選択して脱毛できるようになっています。

脱毛サロンの特徴
  • プロのエスティシャンによる脱毛。
  • 部分脱毛であれば安い金額で脱毛が可能。
  • 好きな部位を自由に選択して処理できる。

欠点としては店舗へ行く手間がかかる点と、サロンによっては予約が取りづらいので中々予定が合わないことです。

ですが、最近のサロンは予約の取りづらさも改善されてしますし、事前に予定を入れていれば問題はありません。

気になる人は、まず無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

おすすめの脱毛サロン

ちなみに、脱毛サロンは全国にたくさんの店舗がありますが、その中でも一番のおすすめは『銀座カラー』になります。

銀座カラーは、脱毛サロンのオリコン顧客満足度ランキングで、総合1位を獲得しているサロンです。

1人ひとりの毛質や毛量に合わせてAIが最適な出力を判定して脱毛するため、脱毛効果がほかのサロンよりも高くなっています。

カウンセリング時には6回の予約をまとめて取れる「予約保証」があるので、通えないと困ることもありません。

銀座カラーの魅力
  • オリコン顧客満足度ランキング総合1位。
  • AIによる最適は判定で、最大限高い脱毛効果を引き出せる。
  • カウンセリング時に6回まとめて予約が取れるので、困ることがない。
  • シェービング代やキャンセル料がかからないので気楽。
  • 全身脱毛は無制限のメンテナンスつきで、月々5,500円から。

全身脱毛は無制限のメンテナンスつきで月々5,500円から可能。

樹首を綺麗に脱毛したい人は、ぜひ脱毛サロンを利用してみましょう。

\無料カウンセリングはこちら/
 

医療脱毛で永久に脱毛

乳首のムダ毛処理におすすめの方法3つ目は、医療脱毛で永久に脱毛です。

医療脱毛は脱毛サロンとは違い、国家資格を持った医者か看護師による施術が基本となっています。

医療脱毛の最大の特徴は永久脱毛であり、一度脱毛が完了すればもうムダ毛に悩まされることがありません。

また、医療脱毛は毛根にアプローチする方法なので、肌が弱い人でも安心して脱毛できるのも魅力のひとつとなっています。

医療脱毛の特徴
  • 家庭用脱毛器や脱毛サロンにはない永久脱毛の効果。
  • 国家資格を持った医者か看護師が施術するので安心。
  • 肌が弱い人でも脱毛できる。

欠点は高額なお金がかかる点と、痛みがある点ですね。

ですが、医療脱毛も部分脱毛にすれば3万円前後から脱毛が可能で、月々3,000円から通えるクリニックもあります。

痛みに関しても、麻酔を使えばそこまで気にならないので、過度に心配する必要はありません。

気になる人はまず無料カウンセリングからはじめ、詳しく話を聞いてみることからはじめてみましょう。

 

おすすめの医療脱毛クリニック

医療脱毛クリニックも全国にたくさん店舗がありますが、その中でもっともおすすめなのが【レジーナクリニック】になります。

レジーナクリニックは100万件以上の脱毛実績を持ち、医療脱毛業界でも成長率はナンバーワンです。

料金も全身26か所5回コースが月々4,700円から受けられ、医療脱毛の中でも安い料金で通えるので、学生でも気軽に通えるようになっています。

レジーナクリニックの魅力
  • 厚生労働省が認めた、肌質・毛質に合った脱毛器での脱毛。
  • 最短5回~8回の脱毛で全身脱毛が終わる。
  • 脱毛時間も90分と早いので、体への負担が少ない。

毛深い部分は医療脱毛で解消するのがおすすめです。

\無料カウンセリングはこちら/

 

【まとめ】乳首のムダ毛処理は正しい方法でしよう

今回の記事では、乳首や乳輪周りにムダ毛が生える理由を解説し、後半ではおすすめの処理方法まで紹介してきました。

乳首のムダ毛が気になるのは、男性に見られるときが9割でしょう。

誰にも見られないならそこまで気になりませんが、彼氏がいたり男性に見られる機会があると思うと乳首のムダ毛は悩ましい問題です。

乳首のムダ毛は人生えてくるのが自然なもので、気になるのであれば処理するしかありません。

ですが、乳首のムダ毛を処理するときにはいくつか注意点があります。

乳首のムダ毛処理の注意点
  • 毛抜きはNG。
  • カミソリやシェーバーもおすすめしない。
  • 家庭用脱毛の使用には注意。

多くの女性は毛抜きやカミソリで手軽に処理していますが、それらは肌へ負担がかかってしまいます。

特に乳首はデリケートな部分なので、傷つけるのはできるだけ避けておきたいところ。

お金がない人はハサミ、綺麗に処理したい人は脱毛サロン、永久脱毛がしたいなら永久脱毛がおすすめです。

乳首や乳輪周りのムダ毛に悩んでいる人は、今回の記事を参考にして自分に合った方法でムダ毛を処理してみましょう。

Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。